タイトル

 
 
イベント・研究会
 
平成29年11月30日(木)
第12回「こころの健康と経営戦略」フォーラム

平成29年11月30日(木)、梅田スカイビル(スカイルーム1)において第12回フォーラムが開催されました。
本年度は、メインテーマを「メンタルヘルス対策を活用した健康経営の具体的推進」とし、最近特に注目の集まっている健康経営をメンタルヘルス対策でどう進めるのかについて講演ならびに討論を行いました。基調講演では、産業医科大学の森先生に健康経営の総論として、健康経営の背景から、企業における健康経営の進め方、健康経営におけるメンタルヘルス対策についてまでを非常にわかりやすくご解説いただきました。その後、株式会社健康企業の亀田先生に企業の産業医、専門コンサルティングの豊富なご経験から、健康経営の推進によって本当に従業員の健康度や生産性は向上するのか、結局のところ受益者は誰なのかといった、建前でない健康経営の本質について舌鋒鋭く切り込んでいかれ、まさに目からうろこの感のあるご講演をされました。最後に、今年度の健康経営銘柄を取得された大和ハウス工業株式会社人事部次長山下様から、実際に行っている先進的かつ多彩な取組みについて具体例を交えながらご紹介いただきました。
今回のフォーラムでは、産業医、医師、人事労務担当者、産業保健スタッフ、EAP関係者等、約160名のご参加をいただき、大変盛況のうちに閉会いたしました。また、同会場(スカイルーム2)にて行われた情報交換会ではグループ対抗のゲームもあり、ご講演いただいた先生方の参加も得て、総勢60名ほどの参加者が和気あいあいと情報交換を行う活気に満ちた場となりました。


フォーラムの様子 情報交換会の様子
<プログラム>
【基調講演】:
演者:
座長:

【講演1】:
演者:
座長:

【講演2】:
演者:
座長:

健康経営とメンタルヘルス
森 晃爾(産業医科大学産業生態科学研究所 教授)
八田 武志(関西福祉科学大学 学長)

断絶の時代の健康経営とメンタルヘルス〜総論はOK、では各論は?〜 
亀田 高志(株式会社健康企業 代表・医師)
長見 まき子(関西福祉科学大学 教授/EAP研究所 所長)

健康経営銘柄・健康経営優良法人選定企業の事例紹介〜大和ハウス工業株式会社〜
山下 裕(大和ハウス工業株式会社 人事部次長)
長見 まき子(関西福祉科学大学 教授/EAP研究所 所長)


 
平成29年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 演習コース

平成29年8月3日、4日の2日間、新大阪丸ビル別館にて、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」演習コースが開催されました。
第1日目は発達障害、パーソナリティ障害、現代型うつ病の三大困難事例への対応がテーマでした。なかでもパーソナリティ障害を重点的にとりあげ、グループ討議しつつ実践的に対応方法を学びました。2日目は、午前にストレスチェックの集団分析と職場環境改善の進め方について講義がありました。午後からは、事例職場の集団分析結果を用いたグループワークを体験しながら職場環境改善のファシリテーターとして必要な知識とスキルを学びました。グループワークでは活発な意見が挙がり、終始明るく楽しい雰囲気でした。


演習コース 修了者 グループワークの様子


 
平成29年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 基礎理論コース

平成29年6月15日と16日の2日間、新大阪丸ビル新館にて、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」基礎理論コースが開講されました。
セルフケア、ラインケア・セルフケア教育の進め方、勤労者に見られるメンタルヘルス不調、ストレスチェックと職場環境改善、職場復帰支援、職場におけるメンタルヘルス基礎知識、メンタルヘルスの法知識についてグループワークを取り入れたアクティブラーニング形式で学びました。グループワークでは和気あいあいと活発な議論が展開されました。


基礎理論コース 修了者 グループワークの様子


 
平成28年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座アドバンストコース

平成28年12月3日(土)に、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」アドバンストコースが開講されました。
今回は「ストレスチェック実施後のフォロー〜医師面接以外の面接による高ストレス者対応」をテーマとして、医師面接を補完する面接の進め方を、実習を交えながら学びました。
午前はストレスチェック制度における医師面接の進め方と課題についてご講義いただきました。
午後はストレスチェック結果に基づく面談の実施を、グループ毎にロールプレイで実践的に学びました。臨場感あふれるロールプレイで大いに盛り上がりました。和気あいあいと楽しく活気にあふれた講座となりました。


アドバンストコース修了者 グループワークの様子


 
平成28年10月27日(木)
第11回「こころの健康と経営戦略」フォーラム

平成28年10月27日(木)、梅田スカイビル(スペース36L)において第11回フォーラムが開催されました。
本年度は、ほとんどの企業でストレスチェック実施済の時点での開催であったため、ストレスチェックの結果の活用と健康経営に繋げる戦略的な取り組みについて検討しました。メインテーマを「ストレスチェックを健康経営に繋げるための戦略的取り組み〜ストレスチェックを“コスト”ではなく“投資”とするには〜」としました。基調講演では、経営学のお立場から健康経営についてご講演頂きました。さらに経営者のお立場から実際にストレスチェックを投資という経営マインドで活用されている貴重な好事例をご紹介頂きました。最後にEAP機関のお立場から、ストレスチェック結果の集団分析に関して、意味のある分析の方法と結果の読み解き、実践的活用法についてわかりやすくポイントを解説して頂きました。
今回のフォーラムでは、産業医、医師、人事労務担当者、産業保健スタッフ、EAP関係者等、約140名のご参加を頂き、大変盛況のうちに閉会致しました。また、同会場(スペース36R)にて行われた情報交換会では、ご講演頂いた先生方皆様ご参加くださり、活気に満ちた情報交換の場となりました。


フォーラムの様子 情報交換会の様子
<プログラム>
【講演1】:
演者:
座長:

【講演2】:
演者:
座長:

【講演3】:
演者:
座長:

健康経営と企業価値の向上
尾崎 弘之(神戸大学大学院経営学研究科 教授)
八田 武志(関西福祉科学大学 学長)

ストレスチェック投資を活用した実践的経営戦略とその投資効果について 
丹野 智宙(社団法人慈恵会 理事長)
長見 まき子(関西福祉科学大学 教授/EAP研究所 所長)

ストレスチェック 集団分析にみる組織課題の読み解きと実践的活用法
前田 一寿(株式会社ロブ 代表取締役社長/日本EAP協会 副会長)
長見 まき子(関西福祉科学大学 教授/EAP研究所 所長)


 
平成28年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 演習コース

平成28年8月4日、5日の2日間、新大阪丸ビル新館にて、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」演習コースが開催されました。
第1日目は発達障害、パーソナリティ障害、新型鬱の三大困難事例について学びました。なかでもパーソナリティ障害を重点的にとりあげ、グループで討議し各疾病の特徴や対応方法を学びました。2日目は、午前にストレスチェックにおける集団分析と職場環境の改善について講義を受けた後、実践方法について学びました。午後には、実際にはストレスチェックの結果を職場へフィードバックする方法をロールプレイを用いて実践し活発な意見が挙げられました。


演習コース 修了者


 
平成28年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 基礎理論コース

平成28年6月23日と24日の2日間、新大阪丸ビル新館にて、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」基礎理論コースが開講されました。
2日間にかけてセルフケア、管理監督者へのラインケア教育、勤労者に見られるメンタルヘルス不調、ストレスチェックと職場改善について講義形式で学びつつ、職場におけるメンタルヘルス基礎知識、職場復帰支援、メンタルヘルスの法知識について事例をもとにグループワークを行いました。グループワークでの活発な意見が挙げられ非常に活発な2日間の研修となりました。


基礎理論コース 修了者 グループワークの様子


 
平成27年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 アドバンストコース

平成27年12月5日、大阪市立総合生涯学習センターにて、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」アドバンストコースが開講されました。今回は「復職支援に活かす!睡眠と疲労のマネジメント」をテーマとして関西福祉科学大学の福田早苗教授とナカトミファティーグケアクリニック院長で精神科医の中富康仁先生よりご講義頂きました。 いくつかの機器の使い方を体験するほか、実際の復職ケースの測定結果を検討するなど、グループに分かれて皆様真剣に取り組まれ、充実した研修となりました。


アドバンストコース 修了者 グループワークの様子


 
平成27年10月29日(木)
第10回「こころの健康と経営戦略」フォーラム

平成27年10月29日(木)、梅田スカイビル(スペース36L)において第10回フォーラムが開催されました。
本年度は新たな10年の始まりの年になり、注目を集める「ストレスチェック制度」に重点をおき、メインテーマを「個人と組織の活性化に向けたストレスチェックの戦略的展開」としました。基調講演では、わが国におけるこの領域の第一人者の先生方にご講演頂き、組織の活性化対策やAIの活用など興味深い貴重な講演をしていただきました。企業の好事例紹介では、先進的にストレスチェックや職場環境改善を実施された企業様からのお話、連携して関わられたEAPの専門家の貴重な好事例をご発表頂きました。
今回のフォーラムでは、産業医、医師、人事労務担当者、産業保健スタッフ、EAP関係者等、約100名のご参加をいただき大変盛況のうちに閉会致しました。また、同会場(スペース36R)にて行われた情報交換会では、ご講演頂いた先生方皆様ご参加下さり、活気に満ちた情報交換の場となりました。


フォーラムの様子 情報交換会の様子
<プログラム>
【講演1】:
演者:

【講演2】:
演者:

座長:

組織の活性化に向けたストレスチェックの戦略的活用
島津 明人(東京大学大学院医学系研究科精神保健学 准教授)

経営学の視点からの職場環境改善の進め方―対話型組織開発の応用事例
北居 明(甲南大学経営学部 教授)

柏木雄次郎(関西福祉科学大学教授 社会福祉学部教授)(心理・教育相談センター所長)
【シンポジウム】EAPを活用したストレスチェックの実施  解説と好事例紹介
演者:
座長:
長見 まき子(関西福祉科学大学教授/EAP研究所所長)
平田まり(関西福祉科学大学教授 健康福祉学部教授)
【好事例紹介】
演者:


演者:


座長:
加藤 徳治(関西熱化学株式会社 人事部 部長)
「事例紹介〜人事の立場から ストレスチェック実施・運用の事例」

重田 淳吾(医療法人あけぼの会メンタルヘルスセンター)
「企業の好事例紹介〜EAPの立場から」

長見まき子(関西福祉科学大学准教授 EAP 研究所所長)


 
平成27年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 演習コース

平成27年8月20日、21日の2日間、大阪市総合生涯学習センターにて、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」演習コースが開講されました。第1日目は発達障害・パーソナリティ障害・新型鬱の三大困難事例について1日を通して事例を基にグループで討議し各疾病の特長や対応方法を学びました。2日目は、ストレスチェックの法制化に伴い、「ストレスチェック実施の社内ルールを作る」をテーマにグループワークを通じて社内で重要な規定作成等について学びました。


演習コース 修了者 グループワークの様子


 
平成27年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 基礎理論コース

平成27年7月18日と19日の2日間、大阪市総合学習センターにて、関西福祉科学大学EAP研究所主催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」基礎コースが開講されました。
2日間にかけてセルフケア、管理監督者へのラインケア教育、勤労者に見られるメンタルヘルス不調、ストレスチェックと職場改善、ついて講義形式で学びつつ、職場におけるメンタルヘルス基礎知識、職場復帰支援、メンタルヘルスの法知識について事例をもとにグループワークを行いました。グループワークでの活発な意見が挙げられ非常に活発な2日間の研修となりました。


基礎理論コース 修了者 グループワークの様子


 
平成26年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 アドバンストコース

平成27年2月7日、大阪市立総合生涯学習センターにて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」アドバンストコースが開講されました。今回は「復職支援への新たなアプローチ〜新世代の認知行動療法ACTを活かす〜」をテーマとして関西福祉科学大学講師の三田村仰先生にご講義頂きました。講義と演習からACTを学べる充実した1日となりました。


アドバンストコース 修了者 グループワークの様子


平成26年10月24日(金)
第9回「こころの健康と経営戦略」フォーラム

平成26年10月24日(金)、梅田スカイビル(スペース36L)において第9回フォーラムを開催致しました。
本年度はEAP研究所開設10周年を記念し、テーマを「"リスク対策"の10年から"経営"の10年へ〜新しいメンタルヘルスのあり方を展望する〜」として開催致しました。
10周年企画として参加費無料でのご案内をさせて頂いたことや最高の講師陣に最先端の情報をご紹介頂いた後、企業様からの好事例紹介という構成で著名な先生方から貴重なご講演・ご意見を賜りましたことから、人事・労務ご担当者を筆頭に産業保健スタッフ、総務、EAP関係者と関西に限らず遠方からの当日ご参加を含め約170名のご参加をいただき大変盛況のうちに閉会致しました。
また、同日に同会場(スペース36R)にて行われた情報交換会では、最高級ワインを最優勝賞にEAP研究所クイズを実施し、例年以上の盛り上がりとなりました。


フォーラムの様子 情報交換会の様子
<プログラム>
【講演1】:
演者:

【講演2】:
演者:

座長:

【講演3】:
演者:
ポジティブ・経営主導アプローチによる職場メンタルヘルスの新しい枠組み
川上 憲人(東京大学大学院医学系研究科精神保健学 教授)


経営者から見た職場のメンタルヘルス
天野常彦(元オリンパスソフトウェアテクノロジー梶@社長)

柏木雄次郎(関西福祉科学大学教授 心理・教育相談センター所長)

経営学の知見を活かしたメンタルヘルス活動
江口尚(北里大学医学部公衆衛生学 助教)

[好事例紹介]:
演者:


演者:


座長:
井田 昭彦(伊藤ハム株式会社 人事総務部 人事課 課長)
「全国の事業所で機能するメンタルヘルスサポートの実現に向けて」

長谷 真二(参天製薬株式会社 健康支援室 室長)
「社内メンター制度の取り組み」

長見まき子(関西福祉科学大学准教授 EAP 研究所所長)


 
平成26年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 演習コース 第2日目

平成26年8月30日、大阪市総合生涯学習センターにて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」演習コース第2日目が開講されました。ストレスチェックの法制化に伴い、ストレスチェックの結果を職場環境改善にどう活かすかをテーマに、実際に好事例を挙げられた企業からご発表を頂き、グループワークを通して学びました。体験型セミナーであったことから活気にあふれた講座となりました。


演習コース 第2日目 修了者 グループワークの様子

平成26年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 演習コース 第1日目

平成26年8月7日、大阪市総合生涯学習センターにて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」演習コース第1日目が開講されました。第1日目は発達障害・パーソナリティ障害・新型鬱の三大困難事例について1日を通して事例を基にグループでの討議を通して各疾病の特長や対応方法を学びました。対応の難しさから多数の質問が寄せられ、充実した1日となりました。


演習コース 第1日目 修了者 グループワークの様子

平成26年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 基礎理論コース

平成26年6月19日と20日の二日間、エル・大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」基礎コースが開講されました。
2日間にかけて個人のストレス対策と組織へのストレス対策、勤労者に見られるメンタルヘルス不調、職場環境改善、ラインケアについて講義形式で学びつつ、職場におけるメンタルヘルス基礎知識、職場復帰支援、メンタルヘルスの法知識について事例をもとにグループワークを行いました。講義ごとの確認テストとグループワークでの活発な意見が挙げられ非常に充実した二日間の研修となりました。


基礎理論コース 修了者 グループワークの様子

平成25年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 アドバンストコース

平成25年11月29日(キャンパスポート大阪)、11月30日(大阪市立総合生涯学習センター)の二日にわたり、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」アドバンストコースが開講されました。今回は「傾聴」をテーマとして1日目は財団法人淳風会メンタルサポートセンターより峰山幸子先生に傾聴の基本やテクニック、相談対応のスキルを学び、2日目は1日目の学習をもとに実際に管理監督者へ伝えるための企画書を作成し、プレゼンテーションの準備、発表を行いました。両日を通してより実践的な内容となり、少人数の体験型セミナーであったことから緊張感のある講座となりました。

演習コース 修了者 グループワークの様子

 
平成25年8月30日(金)
第8回「こころの健康と経営戦略」フォーラム

平成25年8月30日(金)、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)において第8回フォーラムを開催致しました。本年度は「職場における若年労働者の不適応・メンタルヘルス不調への対応〜どう理解する?どう支援する?大人の発達障がい〜」をテーマとして「大人の発達障がい」に焦点を当て、職域での実態と適応支援について貴重な講演をして頂きました。
シンポジウムでは、心療内科・EAP・就労支援・企業(発達障がい雇用)でご活躍の先生方から貴重なご講演・ご意見を賜りました。パネルディスカッションでは、講演していただいた先生方が一堂に会し、フロアから質疑も交え、白熱した議論が展開されました。
今回のフォーラムでは、産業医、人事労務担当者、産業保健スタッフ、EAP関係者、発達支援関係者、臨床心理学を学ぶ学生など、関西に限らず関東や中国方面からも約174名のご参加をいただき盛況のうちに閉会しました。また、同日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)12Fレストラン「グラントック」で行われた情報交換会では、ご講演頂いた先生方もご出席され、参加者の皆様との交流を楽しまれました。


フォーラムの様子 情報交換会の様子

<プログラム>
講演1:発達障がいの成人期
演者:西田 寿美(NPO法人ライフ・ステージ・サポートみえ 副理事長 , 
三重県立小児(こども)心療センターあすなろ学園 学園長)
座長:江端 源治(関西福祉科学大学学長 EAP 研究所所長)
講演2:職域における広汎性発達障がい者の実態と対応
演者:永田 昌子(産業医科大学 産業医実務研修センター 助教)

座長:粟村 昭子(関西福祉科学大学大学院 心理教育相談センター センター長)
シンポジウム「どう理解する?どう支援する?大人の発達障がい」
シンポジスト:花谷 隆志(花谷心療内科クリニック)「医療機関での治療の実際」

平賀 光美(医療法人あけぼの会メンタルヘルスセンター 副センター長)
「外部EAP機関における相談事例から考える」

高橋 亜希子(ジョブジョイントおおさか 所長)
「ジョブジョイントおおさかでの就労準備支援」

内藤 哲(東京海上ビジネスサポート株式会社 採用能力開発部部長)
「発達障がいのある方の雇用〜企業からのメッセージ〜」
 座長:長見まき子(関西福祉科学大学准教授 EAP 研究所副所長)
   :柏木雄次郎(関西福祉科学大学教授 心理・教育相談センター副所長)


 

平成25年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 演習コース

平成25年8月1日、8月2日の二日間、キャンパスポート大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」演習コースが開講されました。1日目は法的視点から困難事例に対応するために企業が取っておくべき事項を学び、2日目はストレスチェックの活用方や職場の環境改善について学びました。今回は両日ともグループワークを中心とした体験型セミナーであったことから活気にあふれた講座となりました。

演習コース 修了者 グループワークの様子

 
平成25年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 基礎理論コース

平成25年6月20日と21日の二日間、キャンパスポート大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」基礎コースが開講されました。
2日間にかけて個人のストレス対策と組織へのストレス対策、産業メンタルヘルス不調の法知識、勤労者に見られるメンタルヘルス不調について講義形式で学び、職場におけるメンタルヘルス不調対応の基本について事例をとりあげてグループワークを行いました。グループワークでは不調の原因と職場復帰支援のステップについて意見を出し合い、活発な議論が展開されました。


基礎理論コース 修了者 グループワークの様子

 
平成24年10月19日(金)
第7回「こころの健康と経営戦略」フォーラム

平成24年10月19日(金)、大阪大学中之島センター「佐治敬三メモリアルホール」において第7回フォーラムが開催され、メインテーマを「打たれ弱い若年社員への成長支援〜若年社員のメンタルの底力を高めるために〜」としました。 基調講演では、ストレス対処力SOCとその作られ方の観点から貴重な講演をしていただきました。 シンポジウムでは、EAP・大学(若年者の送り手)・企業(若年者の受け手)・研究者のお立場として、各方面でご活躍の先生方から貴重なご意見を賜りました。パネルディスカッションでは、講演していただいた先生方が一堂に会し、フロアから質疑も交え、白熱した議論が展開されました。 今回のフォーラムでは、産業医、人事労務担当者、産業保健スタッフ、EAP関係者、臨床心理学を学ぶ学生など、関西に限らず関東や中国方面から約130名のご参加をいただき盛況のうちに閉会しました。 また、同日に大阪大学中之島センター2Fカフェテリア「スコラ」で行われた情報交換会では、基調講演の戸ヶ里先生やシンポジストの先生方もご出席され、参加者の皆様と交流されていました。フォーラム中には聞けなかった話も聞けたのではないでしょうか。活発なやり取りが止むことなく情報交換会は閉会しました。

フォーラムの様子 情報交換会の様子
<プログラム>
基調講演「ストレスに強くなることとは?」
−ストレス対処力SOとその作られ方−
演者:戸ヶ里 泰典(放送大学 准教授)
座長:江端 源治(関西福祉科学大学学長 EAP 研究所所長)

シンポジウム「打たれ弱い若年社員への成長支援」
シンポジスト:
平賀光美(医療法人あけぼの会メンタルヘルスセンター)
    「EAP 相談にみる若年者事例の特徴」
大野太郎(関西福祉科学大学 教授)
    「ストレスマネジメントによる打たれ強さの形成」
−5つの条件−
廣瀬雅康(株式会社ユー・エス・ジェイ 人事部 課長)
    「USJにおける総合的なメンタルヘルス対策と職場で人財育成にあたる管理監督者へのアプローチ」
−いきいきと働くクルーを育てるために!—
井上彰臣(産業医科大学 産業生態科学研究所 助教)
    「職場環境・組織風土は社員のいきいき度を上昇させるか?」
−ワーク・エンゲイジメントに着目した、わが国の実証研究から− 
座長:長見まき子(関西福祉科学大学准教授 EAP 研究所副所長)

 

平成24年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座アドバンスドコース

平成24年8月3日(キャンパスポート大阪)、8月4日(大阪市立総合生涯学習センター)の2日間にわたり、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」アドバンストコースが開講されました。
今回は「社内メンタルヘルス教育・企画実践T〜ラインケア研修を学ぶ・創る・やってみる〜」をテーマとして、効果的なラインケア研修の企画、資料作成、講義の進め方まで、実習を交えながら学びました。
2日目はパワハラを取り上げ、車内で実施するパワハラ研修を具体的に企画し、グループ毎にプレゼンを行いましたが、寸劇形式で企画したグループもあり、大いに盛り上がりました。6月に開講された基礎コースから本講座を継続して受講された方々も多く、和気あいあいと楽しく活気にあふれた講座となりました。


アドバンスドコース 修了者 グループワークの様子

 

平成24年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座基礎コース

平成24年6月21日と22日の二日間、キャンパスポート大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」基礎コースが開講されました。
講座内容は「平成18年度メンタルヘルストレーナー養成カリキュラム検討委員会報告書(中央労働災害防止協会,H19年3月)」に基づく標準カリキュラムから、推進担当者必須のメンタルヘルス対策の基本知識を、実習を交えた講義で行いました。本講座の受講者は、企業の人事、労務担当者、産業保健スタッフなど現在、もしくは今後事業場内メンタルヘルスを担う方々26名で、事例検討会では意見を出し合い、活発な議論が展開されました。


グループワークの様子 グループワークの様子

 

平成24年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座産業保健スタッフコース

平成24年5月25日と26日の二日間、キャンパスポート大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」産業保健スタッフコースが開講されました。1日目は、メンタルヘルスチェック義務化が注目される労働安全衛生法の改正ポイントについて学び、2日目は認知行動療法のケースフォーミュレーションについて事例をもとに実践的に学びました。産業保健スタッフコースは、昨年度新たに開設された、より専門的なコースでありメンタルヘルス不調者への対応に限らず、睡眠指導や健康指導など、産業保健活動に活かせる専門的知識とスキル習得を身につけることができます。グループワークやロールプレイの時間も多く、参加者同士による活発な意見交換が行われ、実践に役立つ技術を習得されました。


産業保健スタッフコース 修了者 グループワークの様子

 

平成23年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座産業保健スタッフコース

平成24年2月3日と4日の二日間、キャンパスポート大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」産業保健スタッフコース、認知行動療法セミナーが開講されました。産業保健スタッフコースは、今年度新たに開設された、より専門的なコースでありメンタルヘルス不調者への対応に限らず、睡眠指導や健康指導など、産業保健活動に活かせる専門的知識とスキル習得を身につけることができます。基礎コース、アドバンストコースから本講座を継続して受講された方々も多く、大変好評に終わりました。グループワークやロールプレイの時間も多く、参加者同士による活発な意見交換が行われ、実践に役立つ技術を習得されました。


事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 産業保健スタッフコース 認知行動療法セミナー 修了者 グループワークの様子
   
 

平成23年11月5日(土)
第6回「こころの健康と経営戦略」フォーラム
平成23年11月5日(土)、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)において第6回フォーラムが開催され、メインテーマを「人材育成によるプロアクティブなメンタルヘルス対策〜若年層のメンタルヘルス不調への処方箋〜」としました。
基調講演では、メンタリング・プログラムについて0次予防の観点から貴重な講演をしていただきました。
シンポジウムでは、EAP・大学(若年者の送り手)・企業(若年者の受け手)・研究者のお立場として、各方面でご活躍の先生方から貴重なご意見を賜りました。パネルディスカッションでは、講演していただいた先生方が一堂に会し、フロアから質疑も交え、白熱した議論が展開されました。
今回のフォーラムでは、産業医、人事労務担当者、産業保健スタッフ、EAP関係者、臨床心理学を学ぶ学生など、関西に限らず関東や中国方面から約100名のご参加をいただき盛況のうちに閉会しました。
また、同日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)12Fレストラン「グラントック」で行われた情報交換会では、基調講演の渡辺先生やシンポジストの先生方もご出席され、参加者の皆様と交流されていました。フォーラム中には聞けなかった話も聞けたのではないでしょうか。活発なやり取りが止むことなく情報交換会は閉会しました。

フォーラムの様子 情報交換会の様子
<プログラム>
基調講演「メンタリング・プログラムによるメンタルヘルス0(ゼロ)次予防の可能性」
−人材の発掘・育成の視点から−
演者:渡辺直登(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 教授)
座長:長見まき子(関西福祉科学大学准教授 EAP 研究所副所長)

シンポジウム「人材育成からの効果的なアプローチの方法を探る」
シンポジスト:
平賀光美(医療法人あけぼの会メンタルヘルスセンター)
    「EAP の立場から」
八田武志(関西福祉科学大学教授 教務部長)
    「若年層の送り手である大学の立場から」
熊谷明男(株式会社日立ソリューションズ 人事総務統括本部関西総務部 部長)
    「若年層の受け手である企業の立場から」
大塚泰正(広島大学大学院教育学研究科心理学講座 准教授)
    「研究者の立場から」 
座長:長見まき子(関西福祉科学大学准教授 EAP 研究所副所長)


 

平成23年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座アドバンスドコース
平成23年10月7日と8日の二日間、キャンパスポート大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」アドバンストコースが開講されました。
アドバンストコースは、昨年度から新設されたコースであり、基礎コースと合わせて受講することにより、より専門的なメンタルヘルス対策のスキルと知識を身につけることができます。
7月に開講された基礎コースから本講座を継続して受講された方々も多く、大好評に終わりました。受講者は、互いに切磋琢磨し、活発な意見交換も行われました。

事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座
アドバンスドコース  修了者
講義の様子


 

平成23年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座基礎コース
平成23年7月15日と16日の二日間、キャンパスポート大阪にて、関西福祉科学大学EAP研究所と医療法人あけぼの会の共催による「事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座」基礎コースが開講されました。
一昨年度、昨年度の同講座ともに好評であったため、今回も多くの受講者が集まり、メンタルヘルスの基礎知識やスキルを学びました。本講座の受講者は、企業の人事、労務担当者、産業保健スタッフなど現在、もしくは今後事業場内メンタルヘルスを担う方々20名で、事例検討会では意見を出し合い、活発な議論が展開され閉講されました。

事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座
基礎コース  修了者
講義の様子


 

2010年12月11日(土)
第5回「こころの健康と経営戦略」フォーラム
 

2010年10月29日(金)、10月30日(土)
平成22年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座アドバンストコース
 

2010年8月26日(木)、8月27日(金)
平成22年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座基礎コース
 

2010年2月27日(土)、3月5日(金)
平成21年度事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座基礎コース
 

2009年10月31日(土)
第4回「こころの健康と経営戦略」フォーラム
 

2008年9月12日(金)
第3回「こころの健康と経営戦略」フォーラム
 

2007年9月22日(土)
第2回「こころの健康と経営戦略」フォーラム
 

2006年10月14日(土)
第1回「こころの健康と経営戦略」フォーラム
▲TOPへ戻る